僕が毎日健康に過ごせているのも、全ては風俗のおかげ!そして、そんな風俗を知るキッカケになった体験談のおかげなんです!皆様も日々を健康に過ごすために、当サイトに載せている体験談をお読みになって風俗へ行ってみてはどうでしょうか?

風俗で日々の活力を!

小麦色のデリヘル嬢とマットプレイで

デリヘルではまだ数が少ないと思われる、マットプレイありのお店を使ってみました。マットプレイは風俗プレイならではものですし、それが出来るとあらばついつい惹かれてしまうわけです。派遣先にマットがなければ持参する、ということでしたが、いろいろと準備で時間が掛かりそうな予感もしたので、エアマットが置いてあるラブホテルを紹介してもらって、そこでプレイすることにしました。その時来てくれたのは、小麦色に焼けた肌をしたスレンダーなお姉さんでした。ただ、オッパイはぷっくりとしっかりサイズのある人なので、理想的な体型をした人ではありました。小麦肌でのマットプレイは、思ったよりもエロ度高かったです。ローションによる肌のツヤが余計に目立ちやすいせいか、見た目にもヌラヌラ感が高いものでした。そのせいもあって見た目からも刺激を受けて、ムスコも余計に固さを増してしまったわけです。おかげでパイズリで1発、続いて素股で2発目と、簡単に抜かれてしまうことにはなりました。マット持参の場合には片付けの時間も取られるでしょうから、ラブホテルでのプレイにしておいてよかったと思います。

出掛けたついでに熟女風俗店使ってみたら

熟女専門の風俗店でおシゴトしている人妻さんだと、さすがに風俗業経験がこれまでなくとも、いやらしいことしてくれる期待は裏切らない相手だとは思います。新宿に熟女を多く揃えたデリヘルが行きつけの歓楽街近くに何軒もオープンしたんでちょいと試してみようと、軽く飲んだときに思ってしまったわけです。いくらなんでも自宅にデリヘル嬢呼ぶ、なんてことは出来ませんから、結局は出掛けたついでに、ということにはなってしまうわけです。ちょいと使い勝手のいいラブホテルに部屋を取り、その熟女デリヘルに連絡入れました。ラブホテル前で待っていれば、来たのはなんだかモデルさんみたいな整った容姿の人でした。こりゃいい相手とウハウハ気分で、部屋にチェックインです。ちょいと緊張した様子でしたが、会話しながら促されて揃ってシャワーに向かいます。いざ体を洗ってもらうために触ってもらいだしたら、さっきまでの緊張感はどこ吹く風で、ねっとりした動きで体を洗いながらも同時に刺激してくれました。もちろんムスコも忘れずにいじられて、激しすぎず弱すぎず、いい具合のいじり加減ですぐさま気持ちよくなってしまいました。最後は素股から出す瞬間にお口で、となりましたが、何と言うか品のある咥え方しつつも、口の中では下品に扱われてるその刺激に、しばらくムスコにもジンジンと感触が残っていました。
新宿 デリヘル

フェロモン高すぎて写真からも漂うデリ嬢

デリヘルとかの風俗店で相手をしてもらう姫を選ぶときに、やはり写真からの雰囲気で選ぶということが多かったりします。そのおかげで、変に期待しすぎて、思ったよりもあっさりした中身に感じる、ということも少なくありません。店舗型の風俗店だと実際の顔出しありの写真見れたりしますからいいですけれど、デリヘルともなるとお店によっては顔出ししていない写真で判断するしかない場合もあるもんです。ただ、そういう場合でも不思議と写真からでも、フェロモンをやたらと漂わせている人もいたりします。そういった人についついお願いしてしまう、ということは多いです。先日も、デリヘルでやはり写真からでもエロさ滲ませている人を指名してきました。今回は運良く思った以上の相手で、いい思いをさせてもらえました。お店の方でもテクニシャンと紹介していた人ですが、それだけにはあらず、悶える様も一級品な人でした。感度もよろしい、喘ぎもよろしい、おまけに体のくねらせ具合もこれまたよろしい、といった人でしたので、時間目一杯こちらの熱も冷めることなくプレイに没頭していた感じです。我を忘れて夢中になる、なんて言いますが、その通りのプレイであったように思えます。こういった大当たりがあるからこそ、デリヘル遊びやめられないのかもしれません。